【お知らせ】 2010/10/12に、当サイトは更新を凍結しました。6年間、ありがとうございました!(詳細
注)このサイトの情報は最新でない可能性があります。 人狼名無し村関連サイトをお探しの方はこちら↓。
 人狼Online(仮) (Riuさん) :http://riu.moo.jp/uowolf/ UOで人狼 BBS (Remeerさん) :http://www3.rocketbbs.com/731/jinrou.html
差分 ヘルプ 一覧 ログイン ソース

人狼ゲームの源流を探る

by Barock

人狼ゲームはどこから来たのか?
その源流をできるだけ追ってみた記録です。
読みにくい箇所もあるかと思いますがご容赦下さい……。
なお、当ページに書かれている事はネット上でのみ個人的に調査したものであり、また不明な点については個人の推測も入っているため、正確性に欠ける可能性があります。ご了承ください。
また、外国語の解釈についておかしな点や、もっと他に情報があるなど、何かございましたらコメント欄で教えていただけると有難いです。

アイデアはロシアの伝統ゲームから?

そもそも人狼ゲームは「ロシアの伝統ゲームが元になっている」と言われていますが、それには2つ候補があるようです。
1.Murder(1956-57年には既に存在していた模様)又はUbiitca(MurderがロシアでUbiitcaに変化した?)
2.Mafia(1986年)

MurderとUbiitcaについてはこちらのサイトにおおよその事が書かれていますが、ルールそのものは今のところ発見できていません。

Murderでは1人の殺人者が仲裁者(人狼ゲームで言うところの司会)によって選ばれ、夜に1人の人を殺すことができます。
また、夜に1人のプレイヤーの役を知ることができる探偵(人狼ゲームで言うところの占い師)が居ます。
またロシアには以前からUbiitcaと呼ばれるゲームがあり、そのゲームでは夜が無く、日中、殺人者が犠牲者に対して「ウィンクする」ことによって殺すそうです。
また、探偵役も、いたりいなかったりするらしいですが、この探偵役がどんな役だったのか詳しくは判らないようです。

上記ルールと、Davidoff氏の「Mafia」との主な違いは、殺人者が複数居る事と、夜がある事だそうなので、Davidoff氏はここから着想を得たと考えられるでしょう。

「人狼」ゲームになったのはどこから?

Murder、Ubiitca、Mafiaのどれも、「人狼」は出てきません。
では一体、どこから「人狼」となったのか。

「人狼」と言うモチーフを使い始めた人は、Andrew Plotkinと言う方で、ご本人のサイトにてその事が明言されています。
今のところ、人狼を考案したと明言しているサイトは他に見つけられていません。
つまり、この方が人狼ゲームの祖と言うことになるでしょう。
ゲームのルールも記載されており、ゲームのタイトルは「Werewolf」です。

Andrew Plotkin氏のホームページ

商用利用はどうなっているのか?

「人狼」と言うモチーフを考案したAndrew Plotkin氏が、人狼ゲームの商用利用その他に関してどう考えているかについては、前述のサイトに書かれています。
その部分を抜粋して以下に翻訳して掲載します。

Commercial Editions of Werewolf

Werewolfの市販版

I know of three:

私の知る限り3つあります。

1. Les Loups-Garou de Thiercelieux -- a French publication by Philippes des Pallieres and Herve Marly of Lui-Meme Games. Has a number of additional character cards, including the "Cupid" described above. Published in English as "The Werewolves of Millers Hollow".

1. フランスのLui-Meme Games社から販売されているPhilippes des PallieresとHerve Marlyによる『Les Loups-Garou de Thiercelieux』。これには『キューピッド』などを含めいくつかの追加のキャラクターカードがついています。英語版のタイトルは『The Werewolves of Millers Hollow』。

2. Lupus in Tabula, from daVinci Games. Also has a bunch of character cards.

2. daVinci Games社から販売されている『Lupus in Tabula』。これにもキャラクターカードが色々と追加されています。

3. Are You A Werewolf? -- published by Looney Labs. Just werewolf, villager, seer, and moderator cards; rules basically as described on this page. (Looney Labs events tend to degenerate into Werewolf late at night. Friday night at Origins 2002, we had four games running with 52 people total...)

3. Looney Labs社から販売されている『Are You A Werewolf?』。これにはWerewolf(狼男)、villager(村人)、seer(預言者)、moderator(仲裁者)のカードがついています。ゲームのルールについてはこのサイトに説明してあります。ちなみに、Looney Labs社のイベント「Origins 2002」では金曜の夜遅く52人で4つのゲームが同時進行していました。

And I might as well give my opinion about this sort of thing:

このゲームについての私の意見ですが、

I did not invent this game, so I have no right to permit or forbid people from publishing commercial versions of it, or otherwise making money off of it. As far as I'm concerned, it's folk culture, as much as hopscotch or chess. (Even if it was invented in 1986 (see below). Folk work fast. The word gets around.)

私はこのゲームの作者ではありませんので、誰かがこのゲームの市販バージョンを販売しようとすること、及びこのゲームの販売により利益を得ようとする人に許可を出したり、禁止したりする権限はありません。私にとってこれらのゲームは既に子供の石蹴りやチェスのような文化なのです。1986年にできたものであるにせよ、こう言うものはあっと言う間に世に広がるものなのです。

On the other hand -- if you publish a version which is called "Werewolf", as opposed to "Mafia" or some other theme, it would be cool if you noted my name. I don't insist. I'm just asking. Because I am the sole inventor of the idea of having this game be about werewolves... and while that gives me no rights of ownership, it does mean that the chain of causality flows back through me.

もう一方で、もしあなたが「マフィア」やその他のテーマではなく、「Werewolf」のバージョンで販売するのであれば、私の名前がクレジットされれば嬉しいことです。無理強いはしません、言ってみただけです。なぜなら、このゲームのテーマを「Werewolf」にしようと考えたのは私だからです。かといってそれに所有権を付与している訳ではありません。しかしながら、このゲームがこの後どのようになっていくかに関して私は責任を感じています。

It's kind of a weird feeling, actually. I am your memetic lycanthropic Eve!

とても不思議な気持ちです。私は世の中のWerewolfの生みの親なのですから。

※最後の文章『I am your memetic lycanthropic Eve!』ですが、非常に難しい表現です。
memetic→進化論に基づく生物学、心理学、認知科学などを統合する学問
lycanthropic→伝説の生き物(のような物)。ここではWerewolf(狼男)
Eve→アダムとイブの「イブ」ですが、ここでは「生みの親」のような意味だと思います。
正確には日本語にはなりませんが、ニュアンスはわかっていただけると思います。

つまり、人狼と言うモチーフの考案はしたけれど、アイデアはそのものは文化として昔からあったものなので、何ら権利は主張しないとのことです。
この方のお陰で、人狼はここまで世に広まったとも言えるでしょう。

また、上記に出ていた3つの商用版の発売年月ですが、以下のようになっている模様です。

Are You a Werewolf?(Looney Labs)……2001年発売
The werewolves of Millers Hollow(Asmodee Editions)……2001年発売
Lupus in Tabla(daVinci Games)……2002年発売

Looney Labs社の「Are You a Werewolf?」のルールには、Andrew Plotkin氏が人狼をモチーフとすることを考えたと記載されています。
「Werewolves of Miller's Hollow」の考案者は、クレジットされてはいないものの、元々はBruno Faidutti氏が考案した模様で、彼はそのルールをネット上で見つけたと書いていますので、恐らく考案はAndrew Plotkin氏の方が早かったと推測されます。
なお、EAが契約したdaVinci Gamesは、最も後発メーカーと言うことになります。

その他、以下のサイトを参考にさせていただきました。
http://midge.jp/mt/werewolf.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Mafia_(game)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Les_Loups-garous_de_Thiercelieux
http://twingalaxies.free.fr/lyc/historique.html

コメント


人狼ゲームの源流を探るへのコメント一覧

black soup - (2008年06月26日 18時57分13秒)

人狼ゲームの傍流を探る - くぼた屋日記
http://d.hatena.ne.jp/kubotaya/20080418

興味深い記事があったのではっておきます!

Barock - (2008年06月27日 19時17分16秒)

大変興味深い記事の紹介ありがとうございます。
「ウィンクで殺す」とは一体どんなゲームなのかずっと気になっていたのですが、なるほどこんな感じだったのですか。(下向いてれば殺されない&犯人ではない証拠になるんじゃ?など疑問はありますが……あまり細かい事は気にしないルールなのかもしれませんね)
併せて、部屋割りが存在するルールはやはり他にないので、Robinさんがオリジナルで考案したと言うことに(今のところ)なりますね。

コメントページを参照

名前
本文
注意※スパム対策のため、かな文字を含まない投稿はできません。

■権利表記

「ウルティマオンライン」は、EA GAMES社のオンラインゲームです。
(c) Electronic Arts Inc. Ultima, the UO logo, Britannia, EA GAMES and the EA GAMES
are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved

UOで人狼の元となっている「汝は人狼なりや?(LUPUS IN TABULA)」は、daVinci社のカードゲームです。
LUPUS IN TABULA (c) daVinci Editrice S.r.l.



◆名無し村 the Movie2◆
2010年新作動画、公開中!

公開ページへGO!

◆名無し村 the Movie!◆
UOで人狼動画、公開中!

公開ページへGO!

 

最近更新されたページ

2010/10/12

2010/10/11

2010/10/10

→ 【もっと見る


[カウンター]

0665166

 
■オープンな「UOで人狼」が、継続的に開催されること、
それに伴う情報・知識・その他が蓄積され、共有されること、
そして「UOで人狼」が多くの人に楽しまれることを願っています。

 
■このサイトの内容について、ウェブサイト上の転載・引用については自由です。その他の媒体への無断転載・引用はご遠慮願います。(リンクについて)