【お知らせ】 2010/10/12に、当サイトは更新を凍結しました。6年間、ありがとうございました!(詳細
注)このサイトの情報は最新でない可能性があります。 人狼名無し村関連サイトをお探しの方はこちら↓。
 人狼Online(仮) (Riuさん) :http://riu.moo.jp/uowolf/ UOで人狼 BBS (Remeerさん) :http://www3.rocketbbs.com/731/jinrou.html
差分 ヘルプ 一覧 ログイン ソース

2009-11-20-1-edit/コメント


2009-11-20-1-editへのコメント一覧

ameria - (2009年11月21日 20時43分46秒)

>WitchBlade: おかしいよー
>WitchBlade: おかしいよー
>WitchBlade: ぶろっくべやよりー
>WitchBlade: しにんべやなのにー

近頃の「初日に狼同室で潜伏」が多い状況では、
死人部屋(自殺部屋?)を吊るのはリスクが大きい、
という判断です。
日数が進んで証拠が増えるまでは、狼リンチより
村が負けないを優先するわけです。

初日に狼蜂起が増えれば、また違った対応になりますが。

WitchBlade - (2009年11月23日 13時08分32秒)

夜部屋のログ追加しましたー

sororinko - (2009年11月26日 02時08分29秒)

わがまま狼そろりんこのお願いを
笑って聞いてくれるけんちゃんさん!
こんな結果でごめんなさい><

そろりんこ視点のログを追加しました

KOKO - (2009年11月26日 08時46分09秒)

2日目 Kenchan(狼)
3日目 sororinko(狼)
このリンチは分からなくはないけどどちらもその時、
私が一番吊りたい人ではなかったのでこの結果はどうも
腑に落ちないです。
3牧師という味方同士で潰し合いになりかねない状況で
よくもまぁこんなにピンポイントで吊れたもんだと思います。

ちなみに人狼が同室で偽ブロやって勝ったゲームが
過去にあります。

log2007:2007-12-4-2-edit

black soup - (2009年11月26日 11時08分25秒)

コメントが沢山あったのでログを読んでみました〜
これはこれは…珍しい展開ですね!

狼はPTで話せる分、身内に対して甘くなる所がどうしてもありますが
それが仲間に対しての偽ブロックに出てしまったかなぁという感じですね〜。

狂人の偽ブロックも、狂人が吊られないに越したことはないのですが
偽っぽすぎて狂人が吊られたとしても、
後々その容疑が生かせる場合があったり、
あるいは同時に事件を起こした人狼を救うという効果があったりしますね。

一方人狼では村人を噛める数が減ってしまうので、
する場合にはお互いに吊られない程度の真実味、
あるいは注目されない程度の事件数が必要ですね。

狼同室での偽ブロックという一つの戦法に対して
とても参考になるログだと思いました。
ので、おすすめログに投票〜〜。

sororinko - (2009年12月03日 01時24分41秒)

ここさん>

すごく参考になりそうなログをありがとう〜!

当分の目標は狼役で勝つことですね!
僕は狼のときが一番興奮&緊張してます。
平常心を保たないとね。。。


■権利表記

「ウルティマオンライン」は、EA GAMES社のオンラインゲームです。
(c) Electronic Arts Inc. Ultima, the UO logo, Britannia, EA GAMES and the EA GAMES
are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved

UOで人狼の元となっている「汝は人狼なりや?(LUPUS IN TABULA)」は、daVinci社のカードゲームです。
LUPUS IN TABULA (c) daVinci Editrice S.r.l.



◆名無し村 the Movie2◆
2010年新作動画、公開中!

公開ページへGO!

◆名無し村 the Movie!◆
UOで人狼動画、公開中!

公開ページへGO!

 

最近更新されたページ

2010/10/12

2010/10/11

2010/10/10

→ 【もっと見る


[カウンター]

0709435

 
■オープンな「UOで人狼」が、継続的に開催されること、
それに伴う情報・知識・その他が蓄積され、共有されること、
そして「UOで人狼」が多くの人に楽しまれることを願っています。

 
■このサイトの内容について、ウェブサイト上の転載・引用については自由です。その他の媒体への無断転載・引用はご遠慮願います。(リンクについて)