【お知らせ】 2010/10/12に、当サイトは更新を凍結しました。6年間、ありがとうございました!(詳細
注)このサイトの情報は最新でない可能性があります。 人狼名無し村関連サイトをお探しの方はこちら↓。
 人狼Online(仮) (Riuさん) :http://riu.moo.jp/uowolf/ UOで人狼 BBS (Remeerさん) :http://www3.rocketbbs.com/731/jinrou.html
差分 ヘルプ 一覧 ログイン ソース

Pippin/狂人の行動指針

狂人の行動指針

自分が狂人役のときの行動指針をまとめておきます。

狂人の原則

まず、狂人としてどう動くべきか、そのための基本概念を示します。

狂人の存在意義

狂人の存在理由は主に2つあります。
1. 村の推理を混乱させる。
2. 投票で狼に加担する。

1.は、偽の事件(自殺や偽ブロック)を発生させることや、会議を誤った方向に誘導することで実現します。

2.は投票時に、「誰が狼であるか」や「事件の真偽」を見破り、狼に有利な投票をすることで実現します。

1.を突き詰めれば「自殺」、2.を突き詰めれば「潜伏狂人」ということになります。
しかし、まず1.が発生しないと2.はほとんど意味をなしません。
なぜなら、狼側の方が人数が少ないため、村人に真偽を悟られてはいけません。
従って、まず1.の段階を実現し、その上で2.が行えればより良い、となります。

狂人は「名傍役」に徹する方が良いと思われます。

狂人を認知してもらう方法

狼にとって、狂人の人数は、参加者の人数と狼の人数からある程度見当をつけられます。
そのため、パワープレイに持ち込むことが可能かどうか、持ち込むとすればいつからか、
狂人の数を把握して、作戦を立てなければなりません。

そのため、狂人が狼に「狂人である」認知してもらうことが必要です。

狂人であることをアピールするためには次のような方法があります。
1.自殺する
2.会議の際に事件を偽る(偽ブロック・カウンター)
3.死人を出した人に投票しない
4.会議の遅延・煽動

1は確実に狂人と見なせます。狼にとっては一番信頼できる行動です。
狂人の数は確実にカウントできます。
ただし、狂人の票が消えるため、これを良しとしない狼(の作戦)も存在します。
(例えば、一斉放棄時など)

2もおおむね狂人と見なせます。
狼から事件の真偽は判別がつきますので、それが狂言であることはあきらかです。
仮に村人が狂言をしていたとしても、村の推理を混乱させた功績は狼側にとって十分有利に働きます。
(村人の狂言については Pippin/村人の行動指針 で述べる予定です。)

3からは怪しくなります。
できれば、1,2の手段でアピールした方が良いと思われます。
3の行動そのものは村人としても説明がつくからであり、これはあまり良しとできません。

4もかなり怪しいです。
単に「勘違いした村人」とも見れるためです。
ただし、論理が破綻している推理を披露することによって一定の評価は得られるかもしれません。
が、やはり「勘違いした村人」にも同じことが言えます。

狼にとっての狂人の行動

狼は狂人が動いてくれないとほとんど勝てません。
狂人が動かずに勝てるのは、かなり特異なケースのみです。
(「3人部屋で狼が噛みによる死者をだし同室の村側が吊られ続ける」や、「狼が偽ブロックをして、その対象を吊る」など)
ここで言う「動く」とは何らかの事件が起こったと偽ることです。
具体的にいえば、自殺と偽ブロック・カウンターです。

これが起こらないと、容疑は狼に集中し、投票でも不利になります。
また、(真偽両方の)事件の数が少ないと自ずと組める嘘のバリエーションが減ります。

偽の事件だけを真の事件と偽って行う推理こそが狼勝利の原動力であり、
偽の推理の種となる偽の事件がなければ、狼は勝てません。
従って、偽の事件を増やすことが狼から狂人に期待していることなのです。

行動は序盤に行う

「偽の事件を起こす」という意味で行動するなら、序盤(3日目の会議まで)が理想的です。
それ以降になると、ほぼ推理が固まってしまい、行動を起こしても無駄骨に終わることが多いためです。

その理由は、狼のパスが1回である、という理由によります。
狼のパスが1回であるということは、1日目夜か2日目夜のどちらかに行動を起こすということです。
同室すれば、行動しないことも可能ですが、この場合は狼は完全に狂人に頼ることになります。
つまり、狼が行動を起こしたときは、その容疑の分散のために狂人は動かなければなりませんし、
狼が行動を起こさない場合は、狼が行動を起こすまでに自殺して、容疑者を増やしておかなければなりません。

そのため、狂人は3日目会議までに行動を起こさなければなりません。

行動を起こすために

ここからは実際に狂人が動くためのポイントを示します。

迷いは行動の前ですべて切り捨てる

狂人ができればしたくないことは次の通りです。

  • 狼の居る部屋で自殺する
  • 狼を相手に偽ブロックする

これらのことは狂人の行動としては失敗です。
かといって、動かずに狼が分かるまで動かない、というのもいけません。
村人にも狼が分かってしまい、その後に狂人が動いても意味がありません。

従って、ある程度見当をつけて動かないといけません。
ですから、上記の2つの動きをしてしまうこともあります。
しかし、それを恐れて行動ができない、中途半端になってしまうと、
容疑者が増えなかったり、狂人と看破されたりします。
狂人の行動にはある程度の思い切りが必要です。

動くと決めたら、迷ってはいけません。
逆に言えば、動くと決めるまでは思い切り悩む必要があります。
誰が狼でないのかを会議で見極め、本当に狼でないのかを夜の部屋で吟味する必要があります。

1日目会議で見極める

人狼を見極められるのがベストです。
が、「人狼を探す」というのは非常に難しいです。
なぜならば、人狼は2人か3人程度しかいないためです。

逆に、「人狼でない人を探す」のであれば、それほどでもありません。
参加者のほとんどが人狼ではない役です。

人狼か人狼でないかの判断基準は各人で決めると良いと思います。

1日目夜で見極める

つまり、夜を共にした者に対して、行動を起こすかどうかの最終決断を下す、ということです。
ここで迷いを捨てなければなりません。
行動する前に悩むところは悩み尽くしてください。

2人部屋で偽ブロックをする場合は、翌日の朝の死人を見てから決断することも出来ます。

2日目の部屋割りの選択

「確実」は無い

小技

狂人がうまく動くための小技を示します。

肩代わりカウンター

ブロック狂言(3人部屋)

コメント

名前
本文
注意※スパム対策のため、かな文字を含まない投稿はできません。

■権利表記

「ウルティマオンライン」は、EA GAMES社のオンラインゲームです。
(c) Electronic Arts Inc. Ultima, the UO logo, Britannia, EA GAMES and the EA GAMES
are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved

UOで人狼の元となっている「汝は人狼なりや?(LUPUS IN TABULA)」は、daVinci社のカードゲームです。
LUPUS IN TABULA (c) daVinci Editrice S.r.l.



◆名無し村 the Movie2◆
2010年新作動画、公開中!

公開ページへGO!

◆名無し村 the Movie!◆
UOで人狼動画、公開中!

公開ページへGO!

 

最近更新されたページ

2010/10/12

2010/10/11

2010/10/10

→ 【もっと見る


[カウンター]

0643724

 
■オープンな「UOで人狼」が、継続的に開催されること、
それに伴う情報・知識・その他が蓄積され、共有されること、
そして「UOで人狼」が多くの人に楽しまれることを願っています。

 
■このサイトの内容について、ウェブサイト上の転載・引用については自由です。その他の媒体への無断転載・引用はご遠慮願います。(リンクについて)